発達障害という障害は治るんじゃないかと思った話

先日、ある方々のtwitterでのやり取りを見ていてふと「あれ?発達障害って治る場合があるんじゃない?」と思いました。

あ、先に言っておきますがこのお話は「お肉を食べるのをやめたら発達障害が治った」といったような類の話ではありません。「こうやったら発達障害が治る」といったような建設的な話は一切でてきません。

あくまで私の頭の中をふとよぎった妄想の話ですので予めご了承ください。どちらかと言うと発達障害というものの定義についての話です。

発達障害をめぐる人気ブロガーさんのやり取り

先日、私の大好きな「ヨッピー」さんというブロガーさんがTwitterでこんなことを投稿していました。

 

そんなヨッピーさんに対して発達障害と診断済みの方がこのような反応されているのを見かけました。

 

いやー、ヨッピーさんの気持ちもよくわかるし、反応されている方の意見も1ミリの隙間も無いほどにごもっともです。

ADHDと診断される条件

上記に挙げた方がおっしゃっているように、大人のADHDは「社会生活や私生活が困難なほどの困り感を本人が感じている」ということが診断名がつくかどうかの判断基準の一つとなっています。

つまりどんなにADHD的な特徴が現れていても、自分の才能や周囲の環境に恵まれて「困り感」を感じないのであれば病院で調べて貰ってもADHDの診断がつかない可能性があるということです。





スポンサーリンク

困り感が無くなればそれは「発達障害が治った」ということにはならないか?

ということは…逆に考えれば今は発達障害の診断がついていても「困り感」が無くなれば発達障害の診断が付かなくなることがあるのではないかと思いました。

本人の努力によって社会的な苦労が解消されたり、周囲の環境が改善されたことにより困り感が薄まれば病院の先生も「んー、違う。」というのでは無いかと。

「発達障害の診断が付かなくなること=発達障害が治る」と定義することはいささか暴論ではありますが。

 

とはいうものの発達障害と診断されるレベルの人が、本人の努力や環境の変化により「困り感」を克服するというのはなかなかに難しいことだと思います。

はー、宝くじでも当たって環境改善しないかな(人´∀`).☆.。.:*・゚買ってないけどねっ!

バイバーイ!

働きやすい職場を探すなら障がい者専門の転職サイトを活用しよう

発達障害をオープンにして就労したい、障がいに理解のある会社で働きたいと思った場合、障がい者専門の転職サイトに登録してみることも働きやすい会社と出会うための有効な手段です。

障がい者専門の転職サイト「アットジーピー」



アットジーピーは数少ない障がい者専門の転職サイトの中でも運営歴15年の老舗転職サイトです。

一般には公開されていない企業の求人なども多数掲載されていて、独自のノウハウをしっかりと持っている転職エージェントなので当サイトでは最もおすすめしています。

転職・就活支援サービスを利用すれば障がい者専門ならではの転職アドバイスを貰ったり、勤務先の勤務時間・職務の調整等をしてもらうことができます。

利用条件

  • 関東・関西・名古屋エリア在住の人
  • 障害者手帳を持っていて転職を検討中の人

アットジーピーを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

不注意パパのプロフィール

発達障害を疑っている人が会社を辞める前に知っておくべきお金の話

発達障害者が持つ「GIFT」は存在するけど役に立つシーンには出会えない

周りにADHDの人がいる方に理解して欲しい5つのこと

ADHDの治療薬に頼りたくない!DHA✕EPAサプリまとめ

私のADHD特性はこんな感じ