障がい者専門の転職サイト「アットジーピー」~利用者の声から知るメリット・デメリット~


あまり知られていませんが最近は「障がい者専門の転職サイト」というものがいくつか存在します。

今回はその中でも評判が良い「アットジーピー」というサイトを利用して転職を成功させた12名の方々からアットジーピーについて教えていただきました。

アットジーピーへ会員登録する

ふじ。
ちょっと褒め称え過ぎていて「サクラ」っぽい方や感謝しすぎて「信者」みたいになっている方も居ましたが、おおむね皆さん評価は上々のようでした◎

 

また、アットジーピーを利用した転職では基本的に障がいを企業に公表した状態で転職活動を行うため原則「オープン就労」の形での雇用となります。

オープン就労については↓こちらのページに詳しく記載していますので合わせて参考にしてみてください。

障がいを公表する「オープン就労」という働き方

 

障がい者専門の転職エージェント「アットジーピー」を利用して感じたメリット

まずはアットジーピーを利用することで得られたメリットを教えていただきました。

非公開求人で広がる就職先の選択肢

アットジーピーは障がい者就職支援サービスでは最大規模との前評判通り、求人数が多く様々な求人から応募先を選ぶことができます。

アットジーピーの求人の多くは非公開求人となっており、会員登録をすることで見ることができるようになります。非公開求人には障がい者雇用としては高条件の求人が多く、中でも事務職の求人は選択肢が非常に多かったです。

「障がい者配慮」の求人を調べられる

アットジーピーの求人検索の画面には「障がい配慮」という項目があり、これにチェックを入れることで障がいに配慮してくれる可能性が高い企業を見つけることができます。

「電話対応がとても苦手」や「満員電車が耐えられない」といった、その人の障がいに応じて「電話対応を業務内容から除外する」や「出社時間を変更する」といった配慮をしてくれる可能性が高い企業を見つけることができます。

この機能を利用するだけでもアットジーピーに登録する価値があると感じました。

障がい者専門ならではの行き届いた対応とアドバイス

障がい者専門の就職支援アドバイザーが相談にのってくれるので、障がいを考慮した具体的なアドバイスを貰うことができます。

「出来ること」「出来ない事」「苦手なことの克服方法」などきちんと障がいの特性を理解しようとしてくれ、企業にもそのことを伝えて仕事内容の配慮を求めてくれます。

企業と障がい者がお互いに無理なく働ける環境を提案してくれるのでとても心強かったです。

面談は東京・大阪・名古屋でしか行われていませんが、面談に行くことができない人には電話やメールでの相談にも対応してくれます。

精神障害向けの求人も多い

障がい者専門の転職エージェントは探せばアットジーピー以外にもいくつか見つかります。

しかし、それらのサイトの求人は身体障害者向けの求人が多く発達障害(ADHD・ASD)や鬱などの精神障害者向けの求人は非常に少ないのが現状です。

他の障害者専門の転職サイトに比べるとアットジーピーの求人は精神障がい者向けの案件が充実しています。

アットジーピーに会員登録する

アットジーピーのここに不満が残った

次はアットジーピーを利用した皆さんが感じた不満が残った点です。

就職支援アドバイザーと面談ができるのは大阪・東京・名古屋しかない

アットジーピーには就職支援アドバイザーと面談できる場所が東京・大阪・名古屋の3箇所しかありません。障がい持ちにとって長距離移動は負担が掛かります。

アットジーピーほど障がい者求人に特化した専門転職サイトは無く、障がい者専門だからこそ今後もっと面談ができる場所が増えてくれると嬉しいです。

代わりと言ってはなんですが、電話相談を行なってくれたので最小限の面談で転職を乗り切ることができました。

障害者手帳が必要

アットジーピーのサービスを受ける為には障害者手帳が必ず必要です。

障がい者手帳の取得は難しいものではありませんが、持っていない人にとってはネックになり得ます。

給与は一般平均よりは割安

想定内ではありますが、給与や年収が健常者の一般的な求人よりは低めのものがやや多いです。また、求人内容は少し事務系の仕事に偏っているように感じました。

担当者に当たり外れがある

個々の就職支援アドバイザーに少し当たりはずれがあるように感じました。熱意のある方が多いのですが、中には事務的な対応をされるアドバイザーさんもいらっしゃいました。

担当を変更してもらうことも可能なので「合わない」と感じたら担当変更を申し出てみることも労働環境の良い職場を見つけるためには必要かもしれません。

アットジーピーに会員登録する

転職とその後の職場環境

ここからはアットジーピーを利用して転職した皆さんの生の声をご紹介します。

3ステップで自分の特性に合う企業に入社できた

Kさんの声

私はアットジーピーを利用して軽作業を主な業務とする企業へ転職をしました。

採用試験の際に採用担当さんが説明してくれた労働環境が本当に確保されていて驚いています。

就職支援アドバイザーさんが面談でしっかりヒアリングをしてくださり、要望を理解し私の特性を受け入れられる企業を探してくれたことが転職が成功した大きな要因だと感じています。

  1. 障がい者側からの要望をヒアリング
  2. 合いそうな企業のピックアップ
  3. 企業が対応できるかの打診

おそらく就職支援アドバイザーさんは↑このようなステップで転職まで導いてくれたのだと思います。

今の職場は一人一人の個性を認め、得意分野を重視した対応をしてくれるのでとても働きやすい環境です。

サービス残業は無く、条件通りの賃金体系となっています。体調面への配慮もされていて、専門のトレーナーが一つ一つしっかりと仕事の手順を教えてくれる点もありがたいです。

会社は私のことを「単なる安く使える作業員」としてではなく「能力を活かして活躍する人材」として扱ってくれ、長期的な目で能力開発をサポートをしてくれています。

また、私が入社してからバリアフリー対策が一層進められ職場環境の快適性・安全性も飛躍的に向上しています。

障がいに配慮してくれる職場を手に入れた

Hさんの声

私は下記の2つの希望条件を持って就職活動を行いました。

  • 混雑した電車やバスでの通勤をしないで済む
  • 通院のため平日の休暇がとれる

採用となった今の会社はその両方を認めてくれ、時差通勤と平日の休暇取得を許可してくれています。また、仕事内容も比較的負担が少なく残業も少ない部署に配属してもらうことができました。

転職活動の時は就職支援アドバイザーの方が親身になってくださり、自分の不安や悩みを全て聞いてくれたので気持ちが楽になりました。私と一緒に転職先や私に向いた仕事について考えてくださったこともとても助かったポイントです。

就職先は障がい者の雇用経験があり理解もある会社で、上司や同僚はとても温かく、ツライことがあっても励ましてくれます。

アットジーピーの就職支援アドバイザーの方には本当に救われた思いです。

諦めかけていた転職活動からの逆転

Oさんの声

私は障がいを理由に働くことを諦めかけていたのですがアットジーピーで仕事の紹介をしてもらい転職することができました。

ひとりで転職活動をしていた時は「障がい者にまともな仕事なんて無いと」思っていましたし「仕事があってもバカにされる」ということも覚悟していました。

しかしアットジーピーのスタッフの方にとても丁寧に対応してもらい、無事環境の良いデスクワークの仕事に就くことができました。

アットジーピーの就職支援アドバイザーさんは障がいによって何が出来ないのか、あるいは何が出来るのかといったことをしっかりとヒアリングしてくださり、私の個性を把握してくれました。それが私の障害に合った良い職場を紹介して貰うことができた要因だと思います。

今の職場は体調不良で急に欠勤になったりする場合などでもちゃんとお休みさせてくれるとても良い会社です。

自分でも驚きの異業種への転職

Fさんの声

私は運送業から事務職へと転職することができました。

前職で鬱病を発症した私は3年間の療養期間を経て求職活動を始めました。休職期間が長いので通常の転職サービスでは自分に配慮のされない求人を見つけることが困難だと感じていた頃にアットジーピーに出会いました。

転職後の職場では事務職で私のような以前鬱を患った者にもいろいろと配慮してくれる良い職場です。前職の運送業で感じていた苛烈な業務に大きなストレスは現職では全く感じることは無く、快適に業務を行う事が出来ています。

事務という業務が私に合っていることに気づかされ、自分自身驚いていると同時にとても満足しています。

穏やかな職場で自分の居場所を見つけた

Iさんの声

私は以前働いていた職場で、うつ病を発症したことで仕事を辞めました。一人暮らしでなんとか職を探さなければと思い、ネットで調べて見つけたのが「アットジーピー」でした。

応募の手続きをする場合はインターネットを使って簡単に行うことができ、サイト上で担当の人とやり取りすることができるためストレスなく連絡することができました。

いろいろな仕事を紹介してもらい気になった求人がいくつか見つかりました。途中就職支援アドバイザーの方に相談に乗っていただきながら、無事その中のひとつで採用が決まり今の会社に転職することができました。

職場環境は想像していたよりもずっと穏やかで、職場の人達は私が精神障害を抱えているということをみんな理解してくれ励ましの言葉を何度もいただきました。

アットジーピーを使って、転職に踏み切って本当によかったと思います。

「正社員×給料アップ×良い労働環境」をまとめてゲット

Aさんの声

私は元々非正社員として働いていたのですが、正社員登用への道が閉ざされたことで転職を決意いました。

しかし障がい持ちの私は正社員での求人に応募しても書類選考で落とされ、なかなか仕事先を見つけることができなかったためアットジーピーを利用してみました。

私の場合は面談を行えるエリアではなかったためメールでのやり取りが主だったのですが、上手くいかなかった時には親身になってフォローしてくださったので転職活動を諦めずに続けることができ、最終的には良い条件で転職することができました。

転職の職場の人達は優しい方ばかりでとても働きやすい環境であることに加え、前職よりも給料がアップしたことも嬉しい誤算です♪

思い切ってこのアットジーピーの転職エージェントに相談して本当によかったと思います。

アットジーピーに会員登録する

冒頭でお伝えしましたがアットジーピーを利用した転職の場合、企業に配慮を求められる代わりに障害は公表した状態での採用となります。

こういった就労の方法を「オープン就労」と呼びますが、メリット・デメリットも存在しますので詳しくは↓こちらのページを参考にしてみてください。

障がいを公表する「オープン就労」という働き方

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ADHDの履歴書作成~A4用紙2枚に分かれたフォーマットで書き間違いリスクを減ら...

ADHD向き!緊急メンテナンスのお仕事

1年の無職期間を経て、採用面接を受けて来たよ!

建設現場の現場監督(施工管理)はADHDに向いていない職業~超絶マルチタスク&超...

周囲から評価を得るための工夫

ADHDの人に向いている職業と適性の重要性

ADHDの職業レビュー:塾講師

ADHDに塾講師の仕事はおすすめの職業!子供の成長がモチベーションを与えてくれる