不注意で大失敗ばかりしている発達障害(ADHD)当事者が、ADHDに合った職業を探したりオープン就労の可能性を模索しています。

私が「オープン就労」や「障がい者雇用枠」での就労を検討している発達障害持ちの方におすすめしている転職サイトがあります。

それがこちらの「ラルゴ高田馬場」というサイトです。

障がい者の雇用は法律で「企業は50人に1人の割合で障がい者を雇用しなさい」と決められているため、ラルゴのような障がい者専門の転職サイトは意外に需要があります。

ラルゴは障がい者の雇用を求めている企業の求人や、障がい者への理解が高い企業の求人を数多く取り扱っています。

オープン就労や障がい者雇用枠での就労を検討している場合にはまず初めに登録しておきたい転職サイトです。

が、転職してみて「こんなつもりじゃなかった」という結果になると悲惨なのでこの転職サイトを利用する前に「オープン就労」という働き方について今一度考えてみましょう。

 

オープン就労という選択肢

オープン就労とは障がいを企業にオープンにして働く就労方法です。

もちろんメリットもありますがデメリットもあります。

オープン就労のメリット

実際にオープン就労した経験のある方たちは以下のようなメリットを口にしています。

  • 苦手をフォローしてもらうことで精神的なストレスから解放される
  • 出勤時間や退社時間、勤務地などを配慮してもらえる
  • わかりやすい仕事を振ってもらえる
  • 働きやすくするための環境改善をはかって貰える
ふじ。
オープン就労や障がい者雇用枠で採用されることのメリットはなんといっても会社や同僚からの配慮(フォロー)を受けられることですね。

オープン就労のデメリット

反対にデメリットと感じた部分は以下のような部分です。

  • 給与・勤務地・待遇面などで勤めたい会社が見つかりにくい
  • 人間関係が良くなければ途中からオープンにしても意味がない
  • 簡単な仕事をさせて貰える反面、挑戦したい仕事に携わらせて貰えない
  • 頑張っても正社員への道が開けていない会社もある
ふじ。
働きやすい環境を得られる代償もあるということですね。
メリットとデメリットを比較して、自分にとってメリットが上回ると判断した場合にオープン就労や障害者雇用枠での就労を検討すると良いと思います。

 

当事者はオープン就労についてどう思っているのか

こちらは私がtwitterで実施したオープン就労についてのアンケート結果です。

オープン就労に関するアンケート:①オープン就労経験なし:オープン就労はイヤ,②オープン就労経験なし:オープン就労に興味あり,③オープン就労経験あり:オープン就労はイヤ,④オープン就労経験あり:オープン就労がイイ

実に多くの発達障害者の方がオープン就労に興味を持っていることがわかりました。しかし、実際にオープン就労をした経験がある人は3割程度に留まっています。

オープン就労経験者の2/3は「次もオープン就労がイイ!」と解答

 

オープン就労経験者の割合:オープン就労経験あり31%,オープン就労経験なし69%

アンケートでは発達障害をお持ちの方の3人に1人がオープン就労を経験しているという結果になりました。

まだまだ認知度が低く、受け入れられる企業が少ないというのが実情といったところでしょうか。

ふじ。
結構たくさんいらっしゃるんですね。アンケートを実施した私もビックリの結果でした。

 

アンケート結果を細かく見ていくとオープン就労経験者の約2/3の方が「次もオープン就労がイイ!」と回答しています。

しかし、逆に言えば約1/3の人は「オープン就労はイヤ!」と答えていることになります。約1/3の人はデメリットの方をより強く感じたということです。

 

発達障害者の理想的な働き方

発達障害者は自分の特性の「凸」の部分を活かして「凹」の部分を周囲に補ってもらうことで理想的な働き方ができると思います。

しかし、わかっていてもなかなかその状況に持ち込めないことが悩ましいところです。 オープン就労はそういった状況をムリヤリ作り出すためのひとつの手段だと思います。

オープン就労をすることで「もう社会人としてやっていけない!」と思ってしまった発達障害者のうち2/3の人が救われるのだとすれば、投げやりな転職活動をする前にオープン就労という働き方を試してみる価値は十分あるのではないかと思います。

 

働きやすい職場を探すなら障がい者専門の転職サイトを活用しよう

そんなこんなでやっぱり発達障害をオープンにして就労したい、障がいに理解のある会社で働きたいと思った場合、冒頭で説明した転職サイトに登録してみることをおすすめします。

ラルゴ高田馬場

障がい者専門の就職・転職求人を取り扱っている珍しい転職サイトです。

スタッフによる個別面談で就労の相談に乗ってくれて、転職活動の進め方をアドバイスしてくれたり、ひとりひとりに合った求人情報を提供してくれたりします。

特徴

障がい者専門の転職サイトなので発達障害ならではの悩みを理解してくれて、ひとりひとりに合った求人案件を紹介してくれます。

首都圏以外の地域ではサービス提供外であることが唯一の弱点です。しかし質の高い求人を多く扱っているので、希望勤務地域が東京近郊であればメリットが大きい転職サイトです。

就職前の前の相談や求人の紹介はもちろん、就職後までサポートしてくれる部分も発達障がい持ちにとってはありがたいポイントです。

利用条件

  • 障害者手帳を取得している必要があります。
  • 東京で面談できる必要があります。
ふじ。
最後にひとこと。オープン就労や障がい者雇用枠で採用されたからといって、全てを周囲に甘えて良いわけではありません。
本人の頑張りが見えてこそ周囲もフォローしたくなるという大前提を忘れないようにしましょう◎

 

投稿日:2017年5月9日 更新日:

Copyright© 不注意パパさん~発達障害者(ADHD)の職業選び~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.