不注意で大失敗ばかりしている発達障害(ADHD)当事者が、ADHDに合った職業を探したりオープン就労の可能性を模索しています。

ADHDの仕事術 大人のADHD

ADHDの特性を補ってくれるおすすめ対策5選

投稿日:2017年1月25日 更新日:

時間管理はGoogleカレンダーを活用すべし!

Googleのアプリはとんどが無料で使えしかもその性能も素晴らしく高いものが数多くあります。

中でもGoogleカレンダーと言うアプリはADHDの人にとってとてつもなく役立つアプリです。

リマインド機能を活用して抜け漏れ防止

Googleカレンダーはただのカレンダーではなく1日1日の予定を細かく入できるスケジュールアプリです。

例えば燃えるゴミの日の朝にアラームを鳴らしてゴミの捨て忘れを防止ししたり、打ち合わせ開始の30分前にアラームを鳴らして用事をリマインド(思い出し)したりすることが可能です。

これだけでも多くの「ヤバい!忘れてた!」を削減することができます。

大切な予定はサポートしてくれる人と共有

またGoogleカレンダーはカレンダーの予定を自分以外の人と共有することが可能です。自分が予定を忘れていてもサポートしてくれる人がいればその人が助けてくれるという状況を作ることもできます。

私の場合は妻とGoogleカレンダーを共有しており、大切な予定が入っている場合には妻が一言確認をしてくれたりしてくれます。

これも抜け・漏れの防止には抜群に役立ちます。

探し物は最新アイテム「キーファインダー」ですぐに見つける

私はしょっちゅう物をなくすので基本的になくなっても大丈夫なようにスペアを準備していたりします。

しかし鍵や財布はなくなったからといってすぐに部屋に切り替えるわけにはいきませんよね(;´∀`)

そんな時に便利なのがキーファインダーというアイテムです。

※画像をクリックするとAmazonへ移動します

このキーファインダー、見た目はキーホルダーのようなものなのですがインターホンのように親機のボタンを鳴らすと子機の方で音が鳴ると言う代物です(๑´ㅂ`๑)

キーファインダーをセットしておけば「財布・鍵・スマホ」をすぐに見つけることができるので、出勤前にバタバタと慌てて探し回るなど言うこともなくなります。

※カード型のものやGPSを搭載した日バインダーもあるようですがいかんせん値段が高いのとレビューの評価の低さが気になります。

ToDoリストで頭を整理して抜け漏れ防止!

ToDoリストとはやることリストですね(*'ω'*)

自分がすべきことを一旦書き出すと凄く頭の中がスッキリします。

頭で考えるだけだと「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」と思いつつ結局何もできないという状況になりがちです。

書き出すという行為は「忘れ防止」という効果以上のものがありますのでナメずに書き出しましょう◎

おすすめは「Flat TO-DO」というアプリ。超シンプルで使いやすさ抜群です。無料なのに広告も出なくてベストチョイス◎

まぁTO-DOリストは自分が使いやすいと思うものが一番なのでいろいろ探してみると良いと思います。

iPhoneは標準のTO-DOリストは微妙ですね。Googleカレンダーのタスクも微妙に使いにくいです(´・ω・`)

すぐに挫折する「スマホ断ち」は強制力を持って対応!

ADHDの特性を大きく助けてくれるスマートフォンですが一方で便利すぎる故についつい触りすぎてしまいがちです。

特にADHDの人は時間のメリハリをつけるのが苦手な傾向が強いのでいつまでたってもスマートフォンを手放すことができずに1日の多くの時間をスマートフォンに費やしてしまうことがある人も多いはずです。

そんな時はアプリを使って強制的にスマホを操作できなくしてスマホを断ちましょう!

Androidの人はタイムロックでスマホ断ち

Android の人はこちらのタイムロックというアプリが便利そうです。 決めた時間以外は電話以外の機能が使えなくなるそうです。

androidアプリ→タイムロックをダウンロード

ただしこのタイムロック、パスコードを知っていれば自分で解除できてしまうのが難点(´・ω・`)ホントのスマホ中毒者には効果がないかもしれません。

Androidではスマホ断ちのために「ロック解除するためには課金が必要になるアプリ」なるものが登場する予定という情報を聞きつけたので、ガチ中毒者にはそちらの方が良いかもしれませんね。

iPhoneの人は「Flipd」でスマホ断ち

残念ながら iPhoneには現在のところ自信を持ってお勧めできるスマホ立アプリはありません。

スマホ断ちをサポートしてくれる程度のアプリはいくつか存在するのですが、いずれも強制力が弱くついついスマホを触ってしまいます。

唯一役立ってくれそうなのかFlipdというアプリです。

iPhoneアプリ→Flipdをダウンロード

ただしこちらのアプリ、設定が複雑な上に日本語に対応しておらず若干の不安を禁じえません。どうしてもスマホを立ちたいという人は自己責任で試してみるといいと思います。

こちら↓に私がforestを試した時の記事がありますので興味のある人は参考にしてみてください。

参考:iphoneにはスマホを強制的に一定時間操作不能にするアプリは存在しない

Siriを最大限活用する!

知ってはいても実際にSiri(またはOK Google)を活用している人と言うのは意外と少ないと思います。特に現在30代以降の人は音声入力に慣れておらず、使いこなせていない人が多い印象です。

SiriはADHDの人にとっては自分をサポートしてくれるパートナーにもなりえます。

手軽にタイマーをセットする

例えばヤカンを火にかけた瞬間に「Hey Siri アラームを5分にセットして」とスマホに呼びかけるだけでコンロの火を消し忘れてお湯が全部蒸発したなんて失敗を未然に防ぐことができます。

お風呂のお湯張り、子供の幼稚園のお迎え、「忘れそう!」と思ったらすぐにセットしましょう◎

Googleカレンダーとの連携で予定の登録忘れを防止

Siriを使って上記で紹介したGoogleカレンダーへ予定を登録することも可能です。方法は「Hey Siri 〇月○日〇時から××の予定を入れて」と言うだけ。

ADHD持ちは後で登録しようと思ってすぐに忘れてしまうので音声で手軽に予定を登録できるというのは大きなメリットです。

ここまでくると簡単な私設秘書ですね◎

少し設定が必要なので下記手順を実行してください。

STEP1:設定のカレンダーの「アカウント」を選択します。

STEP2:持っているGoogleアカウントを追加してください。

STEP3:カレンダーの項目にチェックが入った状態で保存

STEP4:カレンダーの「デフォルトカレンダー」を追加したメールアドレスのものにしてください。

これで設定で完了です。正しく完了していればSiriから予定を登録できるようになっています。

使えるものは活用しまくろう

こうやって見るとここ数年で随分便利になったものです(´・ω・`)

私なんてもはやパソコンとスマホが無いと生きていけない気がします…。

今後もどんどん便利になって欲しいですね◎

チェック漏れを教えてくれるアプリとか、頭の中で思ったらカレンダーに書き込めるアプリとか…。

っというわけで、うまく活用すればADHDの特性をいくらかでもフォローすることができる、私が実践しているおすすめ対策でした(*'ω'*)

-ADHDの仕事術, 大人のADHD
-, , , ,

Copyright© 不注意パパさん~発達障害者(ADHD)の職業選び~ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.