私のADHD特性はこんな感じ

Twitter をやっていたら「ADHDビンゴ」なる 自己診断 サイトが目に止まったので試しにやってみました。

これが思いのほか興味深く 「そういえば自分こういうところあるよな」 という一面を再認識でき 自分の理解に役立ちました。

そこでADHDビンゴを基に自分の取扱説明書を書いてみました 。

ADHDビンゴ

※上の画像は私が加工したものです。

私の ADHD 特性

特性の中で特に困っていることは以下の4点です。

  • 記憶力の弱さ
  • 注意力の低さ
  • 処理速度の遅さ
  • 相手の気持ちが理解できない

どれも仕事をする上で致命的なため長く会社に務めることが難しい要因となっています。

記憶力が弱くて困ること

記憶力が弱いので仕事の手順を覚えることに非常に時間がかかります 。

会社からすると同じことを何度も教えなくてはならないので金銭的な負担もありますし、仕事を教えてくれる人からすればイライラする部分です。

重要な仕事をしていても話しかけられたり電話応対をしてしまうと集中力が切れてしまい何をどこまでやったか忘れてしまうこともよくあります。

注意力が低くて困ること

注意力が低いので誤字・脱字が多発します。

もちろん自分でチェックもしますが、そもそもの誤字・脱字率が多すぎるので自分で書いた文章は3回読み返しても誤字が複数見つかります。

ミスを修正すると他の部分で新たな失敗を犯したりするのでいつまでたっても完璧なものが出来上がらないということがしばしばあります。

処理速度が遅くて困ること

記憶力が弱く注意力も低いのでどうしても仕事自体が遅くなってしまいます。

特にすべきことを複数抱えた場合「あれもしなくては…これもしなくては…」と頭の中がグチャグチャになってしまいます。

本来ひとつひとつこなしていけば完遂できる仕事であっても完遂できなくなったり、ミスが非常に多くなったり、数倍の時間が掛かってしまうことがあります。

相手の気持ちが理解できなくて困ること

言葉を「言葉通り」にしか受け取ることができず言葉の裏にある感情などを読み取ることが苦手です。

例えば「今日はいい天気ですね」と話しかけられれば私にとってそれは天気の話以上でも以下でもありません。

しかし普通の人は「無言も気まずいから天気の話しでもしながら話題を探ろう」という裏の意図を理解して話を展開すると思います。

そういったことが上手くいかないことがあります。

自分の特徴を再認識できた

今回、自分の特性を文章にすることで自分自身についての理解が深まりました。

自分の一番苦手なことや、対策をすべき部分など。

また、就職活動時の面接でやんわりと伝えるべき内容もこれでまとまった気がします。

この文章そのままズバリを見せてしまうと雇ってくれるところはないでしょうから、オブラードに包みながら説明できるようにすべきですね。

ADHDビンゴ、やってみたい方はこちらからドウゾ↓

ADHDビンゴ

働きやすい職場を探すなら障がい者専門の転職サイトを活用しよう

発達障害をオープンにして就労したい、障がいに理解のある会社で働きたいと思った場合、障がい者専門の転職サイトに登録してみることも働きやすい会社と出会うための有効な手段です。

障がい者専門の転職サイト「アットジーピー」



アットジーピーは数少ない障がい者専門の転職サイトの中でも運営歴15年の老舗転職サイトです。

  • 利用者の満足度が非常に高い
  • 条件の良い非公開求人が多い
  • 応募企業への配慮を調整をしてくれる

といった具合で、障害者にとってここまで優秀な転職サイトは他に無いと思っていますので自信を持っておすすめしています。

転職・就活支援サービスを利用すれば障がい者専門ならではの転職アドバイスを貰ったり、勤務先の勤務時間・職務の調整等をしてもらうことも可能です。

利用条件

  • 関東・関西・名古屋エリア在住の人
  • 障害者手帳を持っていて転職を検討中の人

アットジーピーへ会員登録

↓こちらのページではアットジーピーを活用して転職した12名の方々から聞かせていただいた生の声を掲載しています。合わせて参考にしてみてください。

アットジーピー利用者の声

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

障がい者専門の転職サイト「アットジーピー」~利用者の声から知るメリット・デメリッ...

1年の沈黙を破り、内定をいただきました!

ADHDだからって愚痴ばっかり言ってる人…元気出せよ('ω')ノ

半年間コンサータを飲んで感じた効能~発達障害者(ADHD)の所感~

夢なんて無いなら無いでも問題ない

大人のADHD 初診療を受けてきました!