息子が卒園。来年度からは小学校の特別学級へ

息子、卒園

早いですねー。息子の療育機関への入園からもう一年経ってしまいました。来年度からは小学生ですよ( ゚Д゚)信じられません。

小学校は特別クラスへ通うことが決定しました。

まぁ確かに今のままでは通常のクラスで友達作ったりは難しそうです(*_*;

卒業文集を提出

まだ新年が始まったばかりですが、息子が通っている園から卒業文集に乗せる原稿を求められました。

めんどくさいなーと思いながらも、文章にまとめてみるとなかなか感慨深いものがありました。

一年間の息子の成長然り、先生方や周りの協力への感謝然り、いろいろと思うところがありました。

以下、提出した文集です。

早いもので入園から早一年が経ち、あっという間の卒園となりました。

一年前、息子にとってどの学校に行くことが一番役に立つのかということを考えた末に○○園を選び入園しました。私たちも当時何が正解なのかがわからない中で○○園を選ばせていただきお世話になることになりました。

息子はこの一年間で手先がとっても器用になり、大好きな工作にのめり込む時間が増えました。先の予定を見据えて我慢をすることはまだまだ苦手ですが、涙を浮かべながらも我慢する努力が伺えるようになりました。

園に通って一番効果があったと思うことは「スケジュールを確認して行動する」ということができるようになったことです。口頭の指示でいうことを聞いてくれない時でも、紙に書き出して予定を伝えると動いてくれるケースがよくありますお陰で私たちもイライラする時間を減らすことができるようになりとても楽になりました。

一年の間に参観日などで何度か園へお邪魔させていただきました。印象的だったのは子供たちが楽しそうでのびのびしていること。そして先生方も笑顔を絶やさず子供たちと接してくださっているということです。

おかげ様で息子は「園に行きたくない」という日がほどんど無く、毎日を楽しく過ごせていたようです。

今後のことを思えば「ああなって欲しい。こうなって欲しい。」という欲はたくさん出てきてしまいます。沢山望むのは本人にとってもツライことだと思うのでひとつだけ。人の気持ちを理解し思いやれる人になって貰いたいです。○○学園で学んだことは息子にとってその礎になってくれたと信じています。息子が○○園に通うことができて本当に良かったです。一年間ありがとうございました。

いやーホント、息子の障がいを認めて最適な機関にお世話になることが出来て良かったと思います。

障がいを認めずに子供の成長を阻害することは親のエゴ以外の何物でもありませんからね。

かしこみ、かしこみ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ADHDあるある

NO IMAGE

発達障がい持ちの息子氏、耳掃除を1年半拒否し続けて大変なことになるの巻

ADHD治療薬「インチュニブ」の治験を検討しました

ADHDという病気を人に伝えるための例え話

ADHDの遺伝性を再検討してみる…やっぱり遺伝する

iphoneにはスマホを強制的に一定時間操作不能にするアプリは存在しない