不注意パパのプロフィール

ADHD始めました

このブログの運営者で既婚の1985年生まれ、現在31歳です。

31歳にして大人のADHDと診断されて間もないペーペーです。息子の方がADHDの先輩です(;^_^A

%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85

子供の頃の様子

自分で言うのもなんですが、子供の頃は比較的活発で友人の多い子供でした(´・ω・`)友達とゲームをしたり鬼ごっこをしたり。

やんちゃな子とケンカになることもありましたが、子供ですので誰しもそのくらいのトラブルはあるものかと思います。

私のADHDはコミュニケーションよりも不注意の傾向が優勢です。忘れ物をしたり、足し算引き算をケアレスミスで間違えたり。その為、他人に迷惑を掛けるケースが少なく大人になるまでADHDであるということが発覚しませんでした。

成績は中の中くらいで、程ほどでした。数学や理科など論理的なものを好んで、社会や英語など暗記が必要な科目は極端に苦手でした。今でもライブラリー(図書館)の綴りが書けません。今思えばLD(学習障害)の傾向があったということなのでしょう。なにせ200点満点のテストで9点を取ったことがあるくらいです。

%e5%ad%90%e4%be%9b

大人になってからの様子

社会人になると不注意によるミスが頻発し、仕事でトラブルを抱えるようになりました。商品を発注し忘れたり、頼まれた仕事を忘れたり、電話を受けて伝言を伝え忘れたり。

子供の頃は「ゴメン、ゴメン!(笑)」で済まされていたことが許されなくなり、人間関係を悪化させることが激しく増えました。

もちろんその様なことを繰り返していると「あいつには任せられない」「あいつはヤル気が無い」と思われるようになります。

結果、会社にいられなくなり何度も転職を繰り返しています。

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9

現在の様子

3年ほど前に息子にADHDの可能性があることがわかり、ADHDという障害についていろいろと調べました。

結果的に息子はADHDと診断されるワケですが、その一方で「あれ?自分も同じ傾向があるぞ?もしかして…?」という疑念が生まれました。

その後、3つの会社で上手くいかず退職し病院に相談したところでADHDであるという診断が下りました。

現在は治療薬のストラテラを服用し始めたところで、これから薬の効果を見ながら服用の量を決めていく段階です。また、「大人のADHD」について再度勉強し直して、障害との上手な付き合い方を模索し始めたところです。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%86%e3%83%a9

ADHDの診断が下った時の心境

ちょっと嬉しい

お医者さんの口から「あなたはADHDです。」と診断を受けた時、私はむしろ嬉しく感じました。

「あぁ、自分が上手くいかないのは障害のせいだったんだ。」と。

普通の人とは違うんだから普通の人と同じように上手くいかなくても当然だという自己肯定をすることができました。

会社を辞めるということで妻から「父親としての自覚が足りない」と言われたりして…今までツラかったなぁ…。

%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%ab

息子にアドバイスが出来る

息子と同じ障害(傾向は違う)を持ったことで息子へのアドバイスがしやすく、息子の力になれるということを嬉しく思いました。

まぁ、そもそも僕がそんな遺伝子を持っていなければ息子もAHDHなんて持って生まれてこなかったんでしょうが…アハハ…。

これからについて

障害があるからといっても生活していくのにお金が掛かることに変わりはありません(´;ω;`)重要なのは今後どのように社会と付き合い、お金を稼いで来るかです(; ・`д・´)

ハローワークの障害者枠で仕事を探すのか、或いは個人事業主として仕事をやっていくのか悩み中です。子供(2人)+嫁を養っていかないといけない立場なので、果たしてそんな求人が存在するのか…。非常に悩ましい問題です。

何せ4社も会社を辞めてきているので、自分なんかに会社勤めが出来るのが非常に不安です。

薬の効果もみながら半年ほど掛けてゆっくりと方向性を決めたいと考えています(*_*;

%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b8
働きやすい職場を探すなら障がい者専門の転職サイトを活用しよう

発達障害をオープンにして就労したい、障がいに理解のある会社で働きたいと思った場合、障がい者専門の転職サイトに登録してみることも働きやすい会社と出会うための有効な手段です。

障がい者専門の転職サイト「アットジーピー」



アットジーピーは数少ない障がい者専門の転職サイトの中でも運営歴15年の老舗転職サイトです。

一般には公開されていない企業の求人なども多数掲載されていて、独自のノウハウをしっかりと持っている転職エージェントなので当サイトでは最もおすすめしています。

転職・就活支援サービスを利用すれば障がい者専門ならではの転職アドバイスを貰ったり、勤務先の勤務時間・職務の調整等をしてもらうことができます。

利用条件

  • 関東・関西・名古屋エリア在住の人
  • 障害者手帳を持っていて転職を検討中の人

アットジーピーを見る

 この記事へのコメント

  1. ごー より:

    読ませて頂きました。痛いほど境遇が近く、思わずコメントしてしまいました。私は最近ADHDと診断された29歳2児のパパです。
    現在転職を繰り返し、また仕事が辛く4社目を辞めようとしているところでこのブログに出会いました。辞めたらお金が心配。でも続けると心身が心配。そんな日々を葛藤しながら過ごしています。
    このブログも非常に為になり辞めるまでの参考にさせて頂いております。お互いいい仕事に出会えるといいですね。突然のコメント失礼しました。

    • fuzy より:

      コメントありがとうございます♪お返事遅くなってしまってスミマセン^^

      本当に同じような境遇ですね(笑
      僕の失敗談が少しでもお役に立てると嬉しいです◎

      なかなか上手くいきませんが、就労支援や失業手当などの社会保障をしっかり活用して良い転職活動ができると良いですね♪

      お互い生き抜きましょう!!

  2. おにぎり より:

    つらいですよね。どうか合った職場、仕事が見つかりますように。私も30歳で同じ診断されました。同じ年なので親近感が湧きました!

    • fuzy より:

      コメントありがとうございます♪

      結構同じような状況で発達障がいが発覚する方が多いみたいで心強い(?)です(笑

      ゆるーく、やさしーく生き抜きましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

発達障がい者に対する説教。「でもね?それをどうにかしないとダメなんじゃない?」が...

ADHD治療薬 コンサータとストラテラの服用について

タスク分解で仕事の先送り体質と決別!

インターネットの情報をすぐに信じちゃうピュアな発達障害者さんへ送るメッセージ

金スマの発達障害の回は世間に認知が広がる良い機会でした(*'ω'*)

夢なんて無いなら無いでも問題ない